梅ニュース

今年は12月4日に解禁!【梅酒ヌーヴォー】おすすめランキング

ボジョレー・ヌーヴォーは有名ですが、梅酒ヌーヴォーというお酒があることをご存じでしょうか?
梅酒のように発酵させないので、梅のフレッシュな風味をそのまま味わうことができます。
今回は、おすすめの梅酒ヌーヴォーランキングをご紹介します。

梅酒ヌーヴォーについて

そもそも梅酒ヌーヴォーって何?

梅酒は通常、6月に収穫した梅の実を漬けこみ、12月頃実を取り出し、半年~1年かけて熟成させますが、梅酒ヌーヴォーは、熟成前に実を取り出し、瓶詰をする新酒になります。

特徴

梅酒のように熟成させないことで、梅の実本来の新鮮な味わいが強く、酸味が効いたフレッシュな風味が楽しめます。
お酒の色は、熟成前ならではの透明感のある鮮やかな黄金色が特徴です。

12月の第一金曜日が解禁日

12月の第一金曜日が、梅酒ヌーヴォーの解禁日となります。
今年は、12月4日が解禁日です。
Amazonや楽天では、予約販売を行っています!

・おすすめの梅酒ヌーヴォーランキング

1位 中野BC 中野梅酒NOUVEAU(ヌーボー)
ウメ生産高日本一を誇る和歌山県を代表する品種「南高梅」を使用して、丹念に漬け込んだ梅酒「中野梅酒ヌーボー」。梅酒は人と同じように年を重ねて成長します。新酒のころはフレッシュな味わい、熟成がすすむと琥珀色で深みのある味わいに。同じ梅酒なのに、刻を経ることで全く異なる梅酒へと成長していきます。
 
評価

Amazon 楽天

2位 南部美人「糖類無添加」梅酒ヌーボー
南部美人「糖類無添加」梅酒ヌーボー 1800ml 原材料は純米酒・梅のみです アルコール度数:11~12度 糖類無添加(原材料:純米酒・梅 のみです) 梅酒本来の味わいはそのまま、すっきりした自然な味。
 
評価
3位 チョーヤ アイスヌーヴォー 氷熟梅 2020
市場には流通しない幻の紀州産完熟南高梅を初夏に収穫し、氷点下で熟成。この「氷熟製法」を使用した熟度が高く貴重な梅を、鮮度を保ったまま果汁にし発酵させました。 桃のようにフルーティーな香りと、初々しい甘酸っぱい味わいが特長です。
 
評価

Amazon

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。