お茶の知識

茶葉の種類によって違う! お茶を淹れるのに適切な温度とは?

美味しいお茶を淹れるために、まず気を付けるべきなのがお湯の温度です。

せっかく高級な茶葉を用意したのに、適切でない温度で淹れてしまったら、本来の味を楽しめないかも?
茶葉の種類によって、おいしく抽出されるお湯の温度が異なりますので、見ていきましょう。

高温で淹れるお茶

◆ほうじ茶
◆玄米茶

お湯を沸かしたら、湯冷ましをせずに、そのままの温度で急須に注ぎます。高温のお湯を使うことで、その香りを存分に引き出せるのです。

中温で淹れるお茶

◆煎茶
◆抹茶

70℃~80℃の少し冷めた温℃で入れることで、旨味をしっかり抽出することができます。

低温で淹れるお茶

◆玉露

50℃~60℃に湯冷まししたお湯で淹れることで、旨味を引き出します。

お茶の適温まとめ

それぞれのお茶を淹れる際の適温を一覧にしました。

煎茶(深蒸し煎茶) 70℃~90℃
玉露 50℃~60℃
かぶせ茶 60℃
抹茶 冬場は75℃~85℃、夏場は70℃~80℃がおすすめ
てん茶 70℃
番茶 90℃
ほうじ茶 100℃
玄米茶 100℃
玉緑茶 70℃
紅茶 100℃
ウーロン茶 70~100℃  ※お好みで

湯冷ましの方法とは?

・沸騰させたお湯を湯呑に入れて、また別の湯呑に入れ替えます。これで約10℃温度が下がります。

・50℃程度のお湯を用意したい場合は、沸騰したお湯と同量の天然水を入れる方法もあります。

適温のお湯を使うことで、一番おいしい状態のお茶を味わうことができます。
ぜひ試してみてくださいね。


高級茶を扱う、1626年創業の京都利休園。初心者も安心なお茶屋

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。