お茶の知識

簡単! 温度調整できない電気ケトルでも、おいしくお茶(煎茶)を淹れる方法

すぐにお湯が沸き、便利な電気ケトルですが
あっという間に100℃になってしまうため、お茶(煎茶)は少し淹れにくいかもしれません。
今回はちょうどよくお湯を80℃にし、おいしく電気ケトルでお茶を淹れるコツをお伝えします!

3つのポイントで解説! 電気ケトルで美味しいお茶の淹れ方。

1、沸騰したお湯を、一度空の急須に入れる。

電気ケトルに水を入れスイッチを押します。
そして沸騰したお湯を、空の急須に注ぎます。

2、急須のお湯を、使用する湯のみに注ぎます。

熱湯のまま、用意した湯のみに飲む分量だけお湯を注ぎます。
この時、熱湯は約90℃まで落ちています。急須の中にお湯が余ったら捨てましょう。
あるいは、電気ケトルに戻します。
熱湯は器から器へ移す度に、10℃低くなると思ってください。

3、湯のみに入っているお湯を茶葉の入った急須に入れます

空になった急須の中に茶葉を必要量いれます。湯のみ1杯、約5g(だいたい大さじ1杯)
それから、湯のみに入った90℃のお湯を急須に入れます。この時お湯は約80℃まで下がります。

一分後、最後の一滴まで湯のみに淹れて美味しいお茶が淹れられました。

茶葉の入った急須にお湯を入れて約一分。美味しいお茶の出来上がりです。
しかし、重要なのはここからです。お茶は最後の一滴がとても重要。
その一滴はゴールデンドロップと呼ばれております。
その最後の一滴には旨味成分が多く含まれておりますので最後の一滴までじっくりとお茶を淹れましょう。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。